一昔前は、一戸建てを建てるよりも、マンションを購入するのが流行っていたように思います。

家に対しては、様々な考え方があると思いますが、男性にとっては、我が家は、自分の城なので、土地付き、庭付きの一軒家を好む人は少なくありません。

さらに、少子化が叫ばれているこの時代に、子育てに適した環境を考えて、中心部よりは、少し離れた郊外にマイホームを購入する人もいます。

特に、七ヶ浜は日本三景・松島の南にある風光明媚な土地。
ぜひ、こんなところで暮らしてみたいです。

しかし、最近では新しく家を建てるのではなく、中古一戸建てを購入する若い人が増えています。

その理由の一つに、少子高齢化が原因で、日本の総人口は常に減少しているため、日本は空家が多いのだとか。

さらに、リーマンショックなどで金銭面での圧力も高くなり、新築一戸建てよりは中古一戸建てに目を付ける人が増えたそうです。

それで多くの人が、都会の狭いの一軒家よりも、郊外で安くて広い中古一戸建てを好むそうです。

また中古が人気がある理由は、何といっても七ヶ浜の中古一戸建て住宅の価格が安いからです。

例えば、同じ七里ガ浜地域で同じ広さの新築一戸建てと中古一戸建てを比べてみると、中古の方が3~4割は安く買えるそうです。

さらに、近年ではリフォームなどの住宅改修技術が飛躍的に進歩したため、中古一戸建てを買ってからリフォームを加えれば、外観も機能面もすっかり変えられるそうです。

新しい家のデザインも、若い人向けのものが増えています。

例えば、七ヶ浜の松島を望めるの庭付きの中古住宅でも、新築とは比べもにならないほど安く購入できます。

宮城が地元の人には嬉しいですね。