中古一戸建てを購入する前に、まず考えておきたいのが、耐震性能でしょう。

特に、七ヶ浜のある宮城県をはじめ東北に住んでいる方は、地震に対して入念に、調査されることと思います。

建物の耐震性について、現在では、新しい耐震基準に基づいて、建物の安全性が計られています。

この新しい耐震基準は、1978年の宮城県沖地震の時に大きな被害が出たので、その教訓を生かして、1981年に法が改正されました。

結果的に、地震に備えて壁の量を増やしたり、接合方法がこれまでと異なり、これまでの基準よりもさらに頑丈になりました。

基準の目安は、震度6くらいの大きな地震でも、建物が壊れずに、建物の中の人を安全に助け出せることです。

阪神淡路大震災の時には、1981年以降の新しい耐震基準で建てられた家は被害が少なかったそうです。

それで、建設の施工時間を逆算すると、七ヶ浜で中古一戸建てを購入するときには、1983年以降に建築された住宅を購入すれば、耐震基準がしっかりしているといえるでしょう。

しかし、1981年以降でも、いわゆる手抜き工事で建てられた家は、安全ではありませんし、古い家でも定期的にリフォームを繰り返している家であれば、耐震性がしっかりしている場合もあるので、購入前には、よく調査する必要があります。

この点で、素人でも簡単に耐震性能を調べられるように、インターネットを通して診断するチェックシートがあります。

自分で診断した後に、気になることがあれば、建築診断士や耐震評価士などの専門家に診断してもらいましょう。

Pickup⇒http://www.hyoukakyoukai.or.jp/seido/shintiku/05-01.html